知っておきたいオフィス移転の手続き

何らかの理由で現在のオフィスを出て、別のオフィスに移る場合、行政機関に報告を行う必要があります。手続きをしないと後に行政機関とトラブルになる可能性がありますので、手続きを忘れてはいけません。起業をした時や倒産をした時にも当然手続きが必要となってきますが、それ以外に、オフィス移転という行為においても手続きは必要となります。オフィスというのは行政機関によってその存在が管理されています。行政はどの会社のオフィスがどこにあるかを把握しておかなければなりません。そのため、企業者側に新たに支部を作った時や移転をした時に報告することを求めています。その地域で事業を行う以上、行政にしっかりと情報を渡さなければなりません。でなければ、事業を営むことはできません。

行政機関に対して移転の報告を行う

最初にも示したように、行政機関に移転の報告をしなければなりません。手続きはほとんど統一化されていますが、地域によって多少の差はありますので、確認が必要です。オフィス移転を行うなら、一度行政機関に相談に行きましょう。まずは担当の行政機関と話をし、どのような手続きが必要になるのかを聞く必要があります。また、手続きの方法や時期だけでなく、必要な書類、印鑑類などについての確認もしておきましょう。多くの場合は行政機関の職員から説明されますが、聞き逃してしまう場合もありますので、一つずつ確認していくことが大事になってきます。聞き逃すと手続きに余計な時間がかかってしまい、スムーズなオフィスの移転ができなくなりますので、メモを取るなどしておく方が良いでしょう。

必要な手続きは行政書士に任せても大丈夫

手続き自体は行政機関に行けば教えてもらえますし、自分で行うことも可能です。しかし、オフィス移転というのは他にもやることがありますし、面倒な手続きを行うのは素人には厳しいものがあります。業務の調整や移転の計画調整、それに書類を準備しての行政への手続きなど、全てを自分でするのは難しいです。そこで行政に対する手続きを委任するという方法もあります。委任を担当してくれる仕事に行政書士というものがあります。行政書士はこのような行政に対する手続きを全て代理で行ってくれます。書類の作成から提出まで行ってくれますので、お金に余裕があるなら委任してしまうというのも一つの手です。煩雑な手続きも全て行ってくれますので、費用に拘らない人は頼ってしまう方が良いでしょう。

居抜きで退去したいけど入居希望者を探すのが大変 そんな方にTSUNAGARU OFFICEがサポートします。 こだわって作ったオフィスを取り壊すのはもったいない、とお考えの方に居抜きオフィスのシステムをご紹介。 居抜き移転でオフィス退去時にかかる原状回復費を新しいオフィスを借りる際にかかるコストに充てよう! 居抜き物件を登録する際に会社名を公開せずに物件だけで登録することも可能です 新しいオフィス移転のご提案をいたします